社会福祉協議会とは-高森町社会福祉協議会(長野県高森町)

TOP > 社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会(社協)の概要

社会福祉協議会は、社会福祉事業法(昭和26年制定)を改正した「社会福祉法」(平成12年6月施行)に基づき、社会福祉に関する事業・活動を行うことにより、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」と明文化されている社会福祉法人です。(役場の一部ではなく、民間の団体です。)

※社会福祉協議会を略して「社協」と呼んでいます。

(1)組織

高森町社会福祉協議会の組織母体である理事会及び評議員会は、町内のさまざまな機関や団体(行政、議会、区長会、民生児童委員、各福祉団体、ボランティア団体など)の代表者によって構成されています。

(2)役割

社会福祉協議会の仕事は、高齢者や障がいをもった方、さまざまな生活上の問題を持った方が、住み慣れた地域や家で普通に暮らしていくのを支援するいろいろな福祉サービスを整備すると共に、地域の人々の結びつきを深め、誰もが安心して暮らすことのできる地域、より暮らしやすい地域を住民のみなさんと一緒につくっていきます。

(3)財源

社会福祉協議会は「民間」といっても活動の公共性の高さから、国・県・町からの補助金や委託金に支えられ、さまざまな事業を展開しています。住民のみなさんや企業からいただく会費や共同募金も大切なお金として活用させていただいています。

高森町社会福祉協議会 経営理念

  • 1.だれもが安心して暮らせるまちづくりをすすめます。
  • 2.人として人を大切にするプロフェショナルをめざします。
  • 3.住民の満足、お客様の満足、職員の満足を追求しつづけます。

このページの上へ

©高森町社会福祉協議会 All Rights reserved.